• リリース
  • ファーウェイがパートナーとデジタル化の機会をつかむため、Asia Pacific Partners Conference 2023にて新製品およびソリューションをローンチ

  • 2023/05/26 09:50 公開  Huawei
  • 深圳、中国、2023年5月26日 /PRNewswire/ -- 2023年5月17日から18日にかけて、Huawei Asia Pacific Partners Conference 2023が深圳で開催されました。 このカンファレンスは寛容な精神を支持し、アジア太平洋地域全体のICT産業におけるファーウェイ(Huawei)のパートナーと顧客が集まりました。 イベント中、ファーウェイはインテリジェントクラウドネットワークやストレージ製品など、アジア太平洋地域向けの新製品やソリューションをローンチしました。 また、共にビジネスを成功させるためにパートナーと連携し、顧客のデジタル移行をサポートすることへの取り組みを伝えました。

    ファーウェイのデータ通信製品ライン代表Kevin Hu氏、ファーウェイAPACエンタープライズビジネスグループ代表Nicholas Ma氏、ファーウェイエンタープライズネットワークマーケティング&ソリューションセールス部門代表Vincent Liu氏がStarHub、ASL、MYI、MIIと共に、アジア太平洋市場向けに新しいデータ通信製品を発表
    ファーウェイのデータ通信製品ライン代表Kevin Hu氏、ファーウェイAPACエンタープライズビジネスグループ代表Nicholas Ma氏、ファーウェイエンタープライズネットワークマーケティング&ソリューションセールス部門代表Vincent Liu氏がStarHub、ASL、MYI、MIIと共に、アジア太平洋市場向けに新しいデータ通信製品を発表

    インテリジェントクラウドネットワーク: デジタル経済で共に成長する

    接続はデジタル化に重要で、ネットワークは接続にとって重要です。 ファーウェイは、クラウドネットワークのシナジー、単純化されたアーキテクチャー、エネルギー節約を特徴とするインテリジェントクラウドネットワークの構築に力を入れています。 こうしたゴールを達成するためにファーウェイは、アジア太平洋地域のパートナーと力を合わせ、すべての産業に役立つ次世代ネットワークインフラストラクチャーを構築しています。

    ファーウェイのデータ通信製品ライン代表のKevin Hu氏は、次のように述べています。「ファーウェイデータコム(Huawei Datacom)はアジア太平洋地域のデジタル経済においてパートナーと共に成功するため、業界トップクラスの製品とソリューションを革新し、活用し続けます。」

    また、こう付け加えています。「具体的には、パートナーやネームドアカウント(NA)市場のトップの顧客と連携して、共同イノベーションを行い、フラッグシップ的なインテリジェントクラウドネットワーク製品を通じて市場のベンチマークを作ります。 また、商業市場向けの「軽量かつパワフルな」シナリオベースのソリューションを提供し、パートナーが市場プレゼンスを拡大するお手伝いをします。 さらに、流通ビジネス向けにベストセラー製品を提供し、パートナーと連携して新しい成長の機会を開拓していきたいと思います。」

    Kevin Hu氏は、ファーウェイAPACエンタープライズビジネスグループ代表のNicholas Ma氏とファーウェイエンタープライズネットワークマーケティング&ソリューションセールス部門代表のVincent Liu氏と共に、NA市場、商業市場、流通ビジネス向けにファーウェイの新しいインテリジェントクラウドネットワーク製品をローンチしました。 これらは新しいフラッグシップのCloudEngine 16800-XとCloudEngine S16700スイッチの形式で登場し、NA市場向けに調整され、競合の中でも際立っており、パートナーとの事例構築にも役立ちます。 さらに商業市場では、ファーウェイは高品質で費用対効果に優れた製品ポートフォリオを公開しました。各製品はパートナーの販売収益の記録的な成長を促進するために作られています。 また、流通ビジネスについては、競争力と費用対効果に優れた新しい18製品を発表し、ファーウェイデータコムと共にパートナーの成長を支援します。

    ストレージ: マルチクラウド時代における信頼できるデータインフラストラクチャーの構築

    このマルチクラウド時代に、デジタル経済の戦略的リソースとして、データには十分なストレージ、自由なモビリティ、フル活用できることが必要となります。 ファーウェイのストレージはパートナーとの連携に特化していて、一元化されたデータ共有、マルチクラウドアプリケーションデプロイメントを特徴とし、データリソースの共有とフローを最大化できるITアーキテクチャーを構築する際に企業の力となります。 ファーウェイIT製品ライン代表のPeter Zhou博士は次のように述べています。 「アジア太平洋地域の市場には、ストレージの大きなチャンスが存在します。 そうしたチャンスをつかむため、ファーウェイは製品とソリューション、ツール、ドキュメンテーションプラットフォーム、互換性証明、能力開発といった5つの主要分野でパートナーを支援します。 共に、アジア太平洋地域でストレージの新たな章をスタートさせたいと考えています。」 カンファレンスで、ファーウェイは商業市場向けのプライマリストレージとバックアップストレージ製品として、OceanStor Dorado 2000 All-Flash StorageとOceanProtect X3000 Backup Storageも公開しました。 こうした製品は、シンプルなストレージ、簡単なバックアップ、中小企業向けの迅速なデプロイメントを特徴とするストレージシステムを構築する際、パートナーを支援します。

    F5Gの進化: グリーンデジタルの解放

    このギガビット時代では、コアコンピテンスが他にはない体験を提供しています。 ファーウェイは積極的にF5Gの応用方法を模索しており、F5G Intelligent OptiX Networkを活用して様々な産業のネットワーク基盤構築をサポートし、企業の顧客と産業パートナーと共にさらに多くのアプリケーションシナリオを開発しています。 ファーウェイ光学ビジネス製品ライン企業分野代表であるGu Yunbo氏は、次のように述べています。 「ファーウェイは50以上の「F5G+産業」シナリオベースソリューションを開発し、一貫したF5Gの進化を促進してきました。 さらに、ファーウェイはHOLOWITSと協力し、様々な産業向けのエンドツーエンドF5G+インテリジェントセンシングソリューションを提供しています。 アジア太平洋地域では、こうした競争力のあるソリューションがパートナーの産業シナリオへの進出を助け、産業におけるウィンウィンの未来を実現します。」

    ポートフォリオソリューション: パートナーの力となり、デジタル変革を加速させる

    2022年以来、パートナーをサポートし、顧客のデジタルインフラストラクチャー構築を加速させるため、ファーウェイはデータセンター、キャンパス、デジタルサイト、ワイドエリアネットワーク(WAN)のポートフォリオソリューションシリーズをローンチしてきました。

    ファーウェイの副社長兼ICT製品ポートフォリオ管理&ソリューションの代表であるMichael Ma氏は次のように述べています。「複数の産業で高い価値を持つシナリオの共通要件に対処するため、ファーウェイは必要なICT製品をポートフォリオソリューションに組み込んでおり、統合および検証済みのソリューションとなっています。」 これは、ファーウェイがパートナーとより効率的に協力し、業界のソリューションを開発するのに役立ちます。ポートフォリオソリューションは、パートナーのR&D、マーケティング、販売、サービスを促進し、R&Dをより効率的に、統合をシンプルにし、提供を容易にすることで、パートナーが総合的にビジネスを成功させるのを支援します。

    カンファレンスでファーウェイは、高性能リソースプール、簡素化されたオフィスネットワーク、スマートポールサイトなど、アップグレードされたポートフォリオソリューションを多数発売しました。ファーウェイキャンパスチームのSu Baohua社長、ファーウェイアジア太平洋エンタープライズビジネスのHe Weizhi副社長、OmdiaのDaniel Shen総支配人、OmdiaのインテリジェントキャンパスビジネスのIvy Sun代表が共同で2023年アジア太平洋未来インテリジェントキャンパス白書を発表し、インテリジェントキャンパスの発展傾向についての洞察を共有し、アジア太平洋におけるインテリジェントキャンパスの将来をより効果的にチャート化する方法を模索しています。

    技術のイノベーションは産業のデジタル化を促進しています。 革新的なデジタルインフラストラクチャーの構築に忠実に取り組み続けながら、ファーウェイとパートナーは休むことなく産業のデジタル化を促進し、アジア太平洋地域におけるデジタル経済の利益を共有することに取り組みます。

新着